経営者交流会・異業種交流会の経営者クラブ | 日本の中小企業を主役へ
オーナー経営者の抱える課題を知的ネットワークと人的ネットワークにより解決の糸口を提供致します。
東京,経営者クラブ,経営者倶楽部,異業種交流会
15805
page,page-id-15805,page-child,parent-pageid-15743,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-,qode-theme-ver-9.5,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

日本の中小企業を主役へ

2007年にファーストヴィレッジをスタートした私どもは、多くのお客様のご支援を賜りお陰様で、今年で8年目を迎えることが出来ました。弊社はオーナー経営者に特化した経営コンサルタント集団として「日本最大の顧客紹介と本業支援」をテーマに、対面での顧客紹介並びにインターネットを利用したビジネスマッチングに挑戦しております。

弊社は、対面での20,000名を超えるオーナー経営者ネットワークを持ち、設立当初より経営者の方々に特化した経営コンサルタント集団として日々様々なお客様の経営課題を解決して参りました。

その中でビジネスマッチング事業として「ファーストヴィレッジ経営者倶楽部」を約7年間の間に88回のビジネスマッチング交流会を開催(H26年5月現在)し、延べ15,000名以上の経営者の方にご参加頂き、3,000件以上のビジネスマッチングの成功事例のご報告をお客様より頂戴しております。

更に日本初の経営者限定のSNSサイト「C.E.OLINK」の運営権を取得し2010年1月より本格的活動を行い合計25,000社のネットワークを、リアルとバーチャルの世界でマッチングさせることにより、付加価値の高いサービス提供を可能としました。

2008年9月に起きた米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻から早4年が経過し、2011年3月11日には東日本大震災が発生致しました。日本国内におきましてはデフレ、円高、少子高齢化、産業の空洞化、そして政策対応のまずさにより、混迷が続いております。我々は世の中が萎縮して行く中で何が出来るのか?を考え、常に想像し今後の状況悪化を危惧するのではなく、好転を信じ自分たちの出来る最も得意な事、「ビジネスマッチング」に特化して参りました。少しでも皆様の本業に貢献出来ることを考え、今までマッチング交流会又はセミナーを1度も中止することなく開催してきた次第でございます。結果として取引先との業務協力を通したコスト削減、不況をチャンスと捉えた新しいビジネスの創出など、多岐にわたる業務のご依頼が「ファーストヴィレッジ」に舞い込んで来ました。私は、経営者同士の前向きな出会いがこの世の中に爆発的な変化をもたらすと考えております。
故に新しい取引先や地域を越えたビジネス展開をお考えの企業の皆様にとって、「ファーストヴィレッジ経営者倶楽部」でのビジネスマッチングは大変意義のあるサービスであると私は確信しております。

この機会に是非「ファーストヴィレッジ経営者倶楽部」へのご加入をご検討いただければ幸いでございます。

ファーストヴィレッジ経営者倶楽部
事務局長 板頭 福之