経営者交流会・異業種交流会の経営者クラブ | 代表 市村洋文プロフィール
オーナー経営者の抱える課題を知的ネットワークと人的ネットワークにより解決の糸口を提供致します。
東京,経営者クラブ,経営者倶楽部,異業種交流会
16246
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-16246,page-child,parent-pageid-16204,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

代表 市村洋文プロフィール

「勝ち組に学べ」恩田饒 著(シグマベイスキャピタル発行)掲載の紹介文より

代表 市村洋文プロフィール1959年、北海道生まれ。立教大学社会学部に入学。在学中に、学生旅行ツアーを企画。年間1000台のバススキーツアーを企画し、4年間で60億円の売上を上げる。学生起業家の走りである。

 

大学卒業後、野村證券入社。新宿野村ビル支店時代に引き継いだ預かり資産を20億から2000億に増やすなど、手腕を発揮。個人で月間投信販売額500億円、月間手数料収入6億円の記録を打ち立てた。

 

その後、最年少で大森支店長に抜擢される。それから野村證券における本社営業企画部等、超エリートコースを歩む。

 

KOBE証券に専務取締役としてスカウトされ、その後社長として、預かり資産1兆4400億円を集め、KOBE証券を一人当たりの預かり資産で野村證券を抜くまでに成長させた。

 

また、全くの独立証券でありながら、証券会社リーグテーブルで堂々の第12位(2003年度)につけ、2006年3月に株式公開を果たした。2007年4月よりファーストヴィレッジで代表取締役社長として、M&Aを中心とした経営コンサルを行なっている。

経歴

  • 1959年北海道生まれ
  • 1983年立教大学社会学部卒業後、野村證券株式会社に入社
  • 1996年同社大森支店長
  • 1998年光陽グループ川路耕一氏の招聘によりKOBE証券株式会社(現インヴァスト証券株式会)に入社
  • 1999年同社 専務取締役就任 営業統括
  • 2002年同社 代表取締役社長就任
  • 2006年同社 株式を上場 [証券コード・8709]
  • 2007年ファーストヴィレッジ株式会社設立
  • 2007年 同社 代表取締役社長 就任 現在に至る