経営者交流会・異業種交流会の経営者クラブ | 不動産企業のG社ケース
オーナー経営者の抱える課題を知的ネットワークと人的ネットワークにより解決の糸口を提供致します。
東京,経営者クラブ,経営者倶楽部,異業種交流会
16175
page,page-id-16175,page-child,parent-pageid-16139,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,side_area_uncovered_from_content,qode-child-theme-ver-,qode-theme-ver-9.5,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

不動産企業のG社ケース

G 社:未上場不動産会社

仲介を中心に1~2億円の区分所有の販売、不動産の仕入・販売を行う。

 

課題:業歴や実績はあるものの、金融機関からのクレジットが低いため、融資枠が小さく買い付けられる物件も限られてしまう。
目的:現在の不動産市況において、多数出てくる割安の優良物件を買い付けたい。
提案:不動産ファンドを私募で組成しA社がファインディング、AMを行う弁護士、監査法人は当社ご紹介をしたビジネスマッチングの成功事例。